利用する人が増えているプラットホームビジネス

マーケティング戦略に使える

潜在ニーズに気づこう

どんどんユーザーが増えることで、様々なジャンルの情報を集めることが可能です。
これから新サービスや新商品を売り出したい時は、まずユーザーの声を聞いてください。
人気が高いニーズだけでなく、潜在ニーズにまで注目することがコツです。
他の企業は、まだ潜在ニーズにまで気づいていないかもしれません。
そこにいち早く気づき、最速で求められている商品やサービスを提供しましょう。
早いほどユーザーが喜びますし、たくさん商品を買ったり、サービスを利用したりしてくれると思います。

これまで情報を集めにくかった企業は、プラットフォームビジネスを活用して情報収集の場を設けてください。
困った時にそこを見ると、新サービスや商品開発のヒントを得られます。

運営する上での注意点

注意点として、プラットフォームビジネスが法律に触れないよう心がけましょう。
自分はそのつもりがなくても、サプライヤーとユーザーの間で不適切なやり取りが発覚した時は、特商法という法律に触れる可能性があります。
サプライヤーが出す広告が誇張されていると、不当景品類及び不当表示防止法に引っかかるかもしれません。

フリマサイトのようなプラットフォームを提供する際は、ユーザーの古物商許可を申請しなければいけないこともあるので、事前に確かめてください。
古物営業法が適応するなら、商品を売るユーザーの住所や氏名を把握することが決まりになっています。
法律を違反するとプラットフォームの運営ができなくなるので、必ず守ってください。


TOPへ戻る